スペインの債務比率は増大へ、救済は不可避-パウエル氏

スペインは、欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁の無制限購入計画が国債利回りを押し下げた後 も、政府債務の動向を持続可能な道筋に乗せることができないとみられ ると、エコノミストのデービッド・バウエル氏がリポートで指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。