BNPパリバ、中南米ローン債権940億円相を売却-全体の10%

フランス最大の銀行、BNPパリバ は中南米におけるローン債権の約10%を過去1年間で売却した。欧州債 務危機の影響でドル資金を調達する手段が狭まりつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。