人民元、対ドルで一時5カ月ぶり高値-資本流入観測高まる

中国人民元は20日、ドルに対して1 ドル=6.2元台に乗せ、一時5カ月ぶりの高値を付けた。日米欧の金融 当局が景気下支えに向け動いたことで、新興市場への資本流入が加速す るとの観測が広がった。

東亜銀行の外国為替アナリスト、ケニックス・ライ氏(香港在勤) は「日米欧の緩和策に伴い資金はアジアや中国に向かっている」と指 摘。「ただし、輸出企業が引き続き厳しい圧力に直面しており、6.3元 水準を超えて元がさらに上昇する余地は限られる」との見方を示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場の人 民元は前日比0.09%高の6.3038元。一時は6.2945元と、4月17日以来の 高値を付けた。元は今月に入り対ドルで0.7%上昇。年初来では0.2%の 下げとなっている。昨年は4.7%上昇、2010年は3.6%上昇した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港での人民元の1年 物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は、前日比ほぼ変わらず の6.4160元。これは上海スポット取引を1.8%下回る水準で、ディスカ ウント幅は過去最大。香港のオフショア市場では、元は同0.08%高 の6.3158元と、2日連続で上げた。

原題:Yuan Breaches 6.3 to Touch a Five-Month High on Global Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE