アジア株、反落-日本の輸出減少で世界経済めぐる懸念高まる

20日午前のアジア株式相場は反落。 日本の8月の貿易統計で輸出額が3カ月連続で減少したことが示され、 世界経済は減速しつつあるとの懸念が強まった。

東京市場では京セラが値下がり。オーストラリアのサーフウエアメ ーカー、ビラボン・インターナショナルは7.6%安となっている。同社 の買収に向けたプロセスで2番目の買収案提示者が撤退したため、残り は6億9400万豪ドル(約570億円)を提示したTPGインターナショナ ルだけとなった。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時44分現在、前日 比0.4%安の123.74。 騰落銘柄比率は上昇1に対し下落が約2。

原題:Asian Stocks Decline From Four-Month High as Japan Exports Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE