アジア株、反落-日本の輸出減少で世界経済めぐる懸念高まる

20日午前のアジア株式相場は反落。 日本の8月の貿易統計で輸出額が3カ月連続で減少したことが示され、 世界経済は減速しつつあるとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。