コマツ:15年3月期に電力使用量半減目指す-省エネ設備導入

世界2位の建設機械メーカーであ るコマツは2015年3月期に電力使用を半減させる目標を設定し、設備に 最大200億円、建屋の建て替えで20年までに約380億円を投入する。電力 不足の長期化を見据え、工場の生産・設備効率改善を図る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。