日銀基金国債買い入れ、1-2年が3回ぶり札割れ回避-下限撤廃

日本銀行が実施した資産買い入れ等 基金による残存期間1年以上2年以下の国債買い入れオペで、応札額が 予定額に満たない「札割れ」を3回ぶりに回避した。日銀が19日に同オ ペの下限金利(0.1%)を撤廃したことで応札が増えたことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。