メルケル独首相、13年総選挙での勝利に向け「無敵」-世論調査

総選挙を約1年後に控えたドイツで 3期目を目指す意向を示唆しているメルケル首相が、3人の野党候補に 対して大幅に優勢となっていることが世論調査で明らかになり、同首相 への支持の高さが裏付けられた。

独誌シュテルンの委託でフォルサが実施した世論調査によると、有 権者が直接首相を選べるなら誰に投票するかとの質問で、メルケル首相 の支持率は50%だったのに対して、社会民主党(SPD)のシュタイン ブリュック前財務相は28%にとどまった。SPDのシュタインマイヤー 下院院内総務や、同党のジグマル・ガブリエル党首に対しては、さらに 大差でリードしている。

シュテルンは電子メールで配信した発表資料で、メルケル首相は 「現在、無敵のように見える」と指摘。同誌によると、若年層や初投票 の有権者の支持が高いという。

調査は2013年秋に予定されている総選挙を前に、メルケル首相が危 機対策で示した実績を野党が攻撃することの難しさが浮き彫りになっ た。同首相は危機阻止に向けた追加策への約束を拒否しているとして外 国から批判されてきたが、国内の有権者は同首相の姿勢を支持している ことが示された。

原題:Merkel Euro Policy Making Her Unbeatable in 2013, Poll Shows (1)(抜粋)

--取材協力:Stefan Nicola.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE