NY原油時間外:一段安、下げ幅1ドル超-中国製造業PMI

ニューヨーク原油先物相場は20日の 時間外取引で一段安。9月の中国の製造業活動は11カ月連続の縮小にな りそうだと伝わったことや、米原油在庫が3月以降で最大の増加を示し たことを嫌気した。

原油先物相場は一時、1.2%下落。4日続落は6月以降で最長。9 月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は47.8となった。米エ ネルギー省が発表した先週の原油在庫は850万バレル増加した。ハリケ ーン「アイザック」の影響で停止していた生産や輸入が回復した。ブル ームバーグ・ニュースの調査による予想は100万バレル増だった。

ニューエッジ・ジャパン証券商品デリバティブ営業部の長谷川健課 長は、中国のPMIが下げ要因と指摘した上で、前日の通常取引の急落 がアジア取引時間帯にも影響し弱い地合いが続いていると述べた。

原油先物10月限は一時、1.10ドル安の1バレル当たり90.88ドルを 付けた。シンガポール時間午後1時2分(日本時間同2時2分)現 在、91.01ドルで推移している。10月限は20日に納会を迎える。前日の 通常取引は3.31ドル安の91.98ドルで引けた。終値としては8月3日以 来の安値。年初来では8%の下落。11月限は93セント安の91.37ドル。

原題:Oil Drops a Fourth Day on China Manufacturing, Rising Stockpiles(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE