米GM、アライの欧州・中南米事業の買収提案を準備-関係者

米自動車最大手ゼネラル・モーター ズ(GM)は、米アライ・ファイナンシャル(旧GMAC)の欧州と中 南米の自動車ローン部門に対する買収提案を今週行う準備を進めてい る。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

協議が非公開だとして関係者らが匿名で語ったところでは、GM は、アライのカナダ事業やメキシコの自動車保険事業の買収は目指して いない。アライは5月、米政府への救済資金返済に向けて、米国以外の 事業を売却すると発表していた。7月に約30件の打診を受けたアライ は、今月21日までに買収案を提出するよう買い手側に求めている。

買収が実現すれば、2010年にアメリクレジットを統合して誕生した GMファイナンシャルの資産規模は倍以上に膨らむ。旧GMACは、 GMが06年に株式の51%を投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメ ントに売却するまでGMの傘下にあった。

GMは電子メールで配布した発表資料で、「われわれはアライの海 外事業の一部買収に関心があることを明らかにしたが、進行中の案件で あり、詳細について話す段階ではない」と説明した。

アライの広報担当、ジーナ・プロイア氏は「海外事業に深く広範な 関心が示されたことは心強い」と述べ、それ以上のコメントは避けた。

原題:GM Said to Plan Bid for Ally’s Europe, Latin America Operations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE