米スプリント株、約1カ月ぶり大幅高-CEOが業界再編予想

米携帯電話サービス3位、スプリン ト・ネクステルの株価が19日のニューヨーク市場で、過去1カ月余りで 最大の上昇率を記録した。ダン・ヘッセ最高経営責任者(CEO)が、 同社は将来の業界再編で然るべき役割を果たすだろうと述べたことが材 料となった。

終値は前日比7.1%高の5.56ドルと、8月15日以来の大幅上昇。株 価は既に昨年末の2倍余りとなっていたが、さらに上値を伸ばした。

ヘッセCEOは、ゴールドマン・サックス・グループが19日にニュ ーヨークで開催した投資関連のイベントで、携帯電話業界は今後、合 併・買収が活発になる公算が大きいとの見方を示した。業界大手のベラ イゾン・ワイヤレスとAT&Tに対抗するため、米国の下位企業同士が 組む展開が予想される。

ゴールドマンのアナリスト、ジェーソン・アームストロング氏は先 週リポートで、スプリントがメトロPCSコミュニケーションズなどの プリペイド式携帯電話サービス会社を買収する可能性を指摘した。

原題:Sprint Shares Jump After CEO Predicts Industry Consolidation (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE