ブラジル株:ボベスパは下落-最近の上昇は行き過ぎとの観測

19日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が下落。ブラジル株のバリュエーション(株価評価)は 約3年ぶりの高水準となっていたが、インフレが景気回復を損なうとの 懸念が広がり、ここ最近の上昇は行き過ぎだったとの見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。