米市場の中国株:反発、日本の金融緩和を好感-Cトリップ高い

米国市場で取引されている中国企業 の株式は19日、3営業日ぶりに反発した。日本銀行の金融緩和や米住宅 統計を受け、輸出企業の見通しが改善した。ホテルと航空券の予約を手 掛けるCトリップ・ドット・コム・インターナショナル(携程旅行網) が上昇した。

米国で取引される中国企業主要55社を対象とした時価総額加重ベー スの株価指数、ブルームバーグ中国・米国55指数は前日比1.4%高 の92.79。1億6000万ドル(約125億円)規模の転換社債を起債したCト リップは3カ月ぶりの高値を付け、オンライン書籍販売のEコマース・ チャイナ・ダンダン(当当網)も高い。ソーシャル・ネットワーク・サ ービス(SNS)サイトを運営する人人(レンレン)は6週間ぶりの大 幅高。オンラインゲームのネットイーズ(網易)も上昇。野村ホールデ ィングスが投資判断を「リデュース」から「ニュートラル」に引き上げ たことが手掛かり。

米国市場で最大の中国上場投資信託(ETF)、iシェアーズ FTSE中国25指数ファンドも3営業日ぶりに上昇。1.6%上げて35.08 ドルとなった。

原題:Ctrip Surges as ADRs Rebound on Japan Stimulus: China Overnight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE