ドイツ経済,12年下期は債務危機の影響で足踏みか-独銀行連盟

ドイツの経済成長は今年下期に足踏 みしそうだ。世界的な景気の弱まりとユーロ圏ソブリン債危機をめぐる 懸念が輸出と投資を抑えるためだと、ドイツ銀行連盟(BDB)が指摘 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。