モルガンSのファンドに痛手-フェイスブック株をIPOで購入

ソーシャル・ネットワーク・サービ ス(SNS)最大手の米フェイスブックの新規株式公開(IPO)で主 幹事を務めたモルガン・スタンレーは、資産運用部門が160億ドル(約 1兆2700億円)規模のIPOで売却された株式の2%強を購入していた ことを明らかにした。

先月末に監督当局に提出した書類によれば、モルガン・スタンレ ー・インベストメント・マネジメントはフェイスブックのIPOで約3 億8000万ドルを投資。IPOでの株式購入を明らかにしたのはこの提出 書類が初めて。デニス・リンチ氏率いる同部門のグロース・チームが運 用する12本のファンドは、フェイスブック株をIPO価格の38ドルで購 入するためそれぞれ純資産の6.8%を配分した。

フェイスブックはIPO直前に規模と価格を引き上げたが、上場後 は株価が42%下落している。時価総額は390億ドル減少し、ブルームバ ーグの集計データによると、大型テクノロジー株の公開後の動きとして は過去最悪のパフォーマンスとなっている。このため、モルガン・スタ ンレー・インベストメント・マネジメントで「収益性の高い部門」と称 されるリンチ氏のグロース・チームの運用成績も痛手を受けている。

テルジー・アドバイザリー・グループのアナリスト、トム・フォー ト氏はフェイスブックのIPOについて、「既存株主には利益をもたら す素晴らしい仕事をしたが、新しい株主には損害をもたらしたようだ」 と指摘した。

8月末に米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、 モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントが運用するフ ァンドはIPO価格38ドルで1000万株を購入。そのうちモルガン・スタ ンレー・フォーカス・グロースは281万株、モルガン・スタンレー・イ ンスティチューショナル・ファンド・グロース・ポートフォリオは153 万株を買った。

原題:Morgan Stanley Funds Hit by Buying Facebook at $38 a Share: Tech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE