バフェット氏らの慈善活動に新たに11組の富豪が参加

資産の半分以上の寄付を誓うよう富 豪に呼び掛けているウォーレン・バフェット氏とビル・ゲイツ夫妻に賛 同し、11組の資産家が新たに「ギビング・プレッジ」活動に参加した。

米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの会長を務めるバフェ ット氏は2010年、マイクロソフトの共同創業者ゲイツ氏とメリンダ夫人 と共に世界の富豪に慈善事業参加を促すためギビング・プレッジ活動を 開始した。

ギビング・プレッジ事務局が18日発表した資料によれば、インテル の共同創業者ゴードン・ムーア氏とプログレッシブのピーター・ルイス 会長、ネットフリックスのリード・へースティングス最高経営責任者 (CEO)らが新たにこの活動に加わった。ムーア、へースティング両 氏は夫婦での参加となった。

すでにフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOやシティグ ループのサンフォード・ワイル名誉会長、オラクルの共同創業者で CEOのラリー・エリソン氏らが参加している。

原題:Billionaires Taking Buffett Pledge Back Cannabis Access, Museums(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE