エネルギー戦略「検証と見直しながら」に後退

政府は19日、今後のエネルギー・環 境政策について、 エネルギー・環境会議のエネルギー戦略を踏まえて 「柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する」と閣議決 定した。14日にエネルギー・環境会議がまとめた「2030年代に原発の稼 働をゼロにする」計画は後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。