投資家のプラチナ保有量、過去最高水準に増加-ストとQE3

投資家によるプラチナ資産の保有量 が過去最高水準に達した。投資家がインフレ懸念から資産の保護を目指 しているほか、南アフリカ共和国で供給に支障が出ていることが背景に ある。

ブルームバーグが集計したデータによると、上場取引型金融商品 (ETP)を通じたプラチナ保有量は18日、前日比1.1%増の46.748ト ンとなり、これまでの最高水準だった2011年9月7日の46.316トンを上 回った。保有量は今年に入って17%増加しており、金保有量の伸び率で ある7.6%を超えている。金の保有量も過去最高水準にある。

英ロンミンが南アフリカ共和国で保有するマリカナ鉱山の操業がス トの影響で6週間にわたって停止したことや米連邦準備制度理事会 (FRB)が量的緩和第3弾(QE3)の実施を表明したことから、プ ラチナ相場は今月、2月以来の高値に高騰した。マリカナ鉱山は世界の 生産の約10%を占める。同鉱山の労働者らは18日に会社側が提示した報 酬引き上げ案を受け入れることで合意し、20日に職場に復帰する予定 だ。

原題:Platinum Holdings Expand to Record on Mine Disruptions, QE3 (1)(抜粋)

--取材協力:Joe Richter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE