パネッタ米国防長官:中国は過去の傷を乗り越える必要

パネッタ米国防長官は19日、中国は 尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる対立など今日の問題の解決に当た っては第2次大戦中に日本によって負わされた「深い傷」を乗り越えて 取り組む必要があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。