出光:3-5年で1000億円の社債検討、直接調達を20%に-大規模投資

出光興産は、今月予定の同社初の社 債発行を皮切りに、今後3-5年で総額1000億円の起債を検討している ことが分かった。これまでは銀行からの借り入れに全面的に依存してい たが、市場からの直接調達比率を2割程度に引き上げる。ベトナムのニ ソン精製所プロジェクトなど高水準の設備投資が続く中、資金調達手段 の多様化で調達コストの低減を図るのが狙いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。