オランダ:自由民主党と労働党が連立協議へ-首相は緊縮主張

12日の総選挙から1週間たったオラ ンダでは、第1党の自由民主党と第2党の労働党が連立協議を開始する 見込みだ。暫定政権を率いるルッテ首相は財政緊縮の継続を訴えること により、交渉の方向性を示した。

自由民主党を率いるルッテ首相はハーグでのインタビューで、「緊 縮政策を継続しなければならない。まだそこには至っていない」と発 言。「進展はあり、措置が講じられたということしか言えない」と語っ た。18日には2013年予算が議会に提出された。

交渉役のカンプ社会・雇用相は18日の正式勧告で、自由民主党と労 働党の2党のみで連立を組むことを目指すべきだとした。ただ、欧州債 務危機への対応をめぐる立場の違いから、協議は難航する可能性があ る。

ルッテ首相はギリシャへの追加支援は認めない姿勢だが、労働党の サムソン党首は財政再建でギリシャに時間的猶予を与えることを望んで いる。

オランダでは第2次世界大戦以降、連立政権の樹立に平均で3カ月 近くかかっている。最長は1977年の208日。

原題:Dutch Liberals, Labor Set to Talk as Rutte Urges More Austerity(抜粋)

--取材協力:Martijn van der Starre、Maaike Noordhuis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE