米共和党ロムニー候補:パレスチナ和平、達成的ないと発言

米大統領選の共和党ロムニー候補が 支持者らに対し、イスラエルとパレスチナの対立は今後も「未解決の問 題」として残り、イスラエルに妥協を引き出すため圧力をかけることは 「最悪の考えだ」と述べていたことが分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。