欧州委:マイクロソフトのブラウザー問題で異議告知書を準備

米マイクロソフトが利用者にブラウ ザー(インターネット閲覧ソフト)の選択肢を与えるためのEUとの和 解条件に従わなかった問題で、欧州連合(EU)の行政執行機関である 欧州委員会は、競争法に基づく異議告知書の準備を進めている。事情に 詳しい関係者2人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。