日中緊張でTOPIXは当面レンジ推移、内需注目-ゴールドマン証

ゴールドマン・サックス証券は、 日本と中国の関係緊張化を受け、東証1部全体の値動きを示すTOP IXは当面レンジ内で推移するとの見方を強めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。