中国:8月の対中直接投資、前年比1.4%減-景気減速が影響

中国への海外からの直接投資額は8 月に減少した。深刻化する景気減速が海外における中国への信頼感低下 につながっている。

中国商務省の19日の発表によると、8月の対中直接投資は前年同月 比1.4%減の83億3000万ドル(約6550億円)。減少はこの10カ月で9度 目。1-8月期では前年同期比3.4%減の750億ドルだった。

欧州債務危機や米景気鈍化に伴い中国の輸出が減少、不動産規制の 影響で内需も冷やされており、中国の今年の経済成長ペースは過去22年 で最も遅いものになる可能性がある。

JPモルガン・チェースの中国担当チーフエコノミスト、朱海斌氏 (香港在勤)は統計発表前の段階で、「景気減速に加え、国内の一部セ クターにおける収益性悪化への懸念が全て、海外からの投資減少に影響 している」と説明。「中国は依然として景気減速の真っただ中にある」 との見方を示していた。

原題:Foreign Investment in China Fell in August as Economy Slowed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE