日本貿易会会長:対中投資判断、慎重にならざるを得ない

日本貿易会の槍田松瑩会長(三井物 産会長)は19日の定例会見で、中国での反日デモについて「今後も予断 を許さない事態と認識している」とした上で「投資そのものの判断はか なり慎重になっていかざるを得ない」と述べ、今後の企業活動に影響が 及ぶとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。