日銀会合は現状維持を予想、失望で円買いも-みずほコーポ銀

  唐鎌大輔マーケット・エコノミ ストは、ブルームバーグの電話取材で、市場の3割から4割程度が何か あると思っている可能性があり78円ちょうど近辺までの円高進行もあり 得ると話した。 ・現状維持の予想が大勢で、78円割れは考えにくい ・追加緩和は来月の展望リポートを確認した後のタイミングが妥当

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。