米で住宅資産効果顕在化へ、消費押し上げも-リセッション後初

リセッション(景気後退)以来初め て、米国の不動産価値の上昇により個人消費が増え、経済が押し上げら れる可能性が出てきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。