ラッカー総裁:米金融当局は失業率を急速に下げられない恐れ

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は18日、米経済が金融危機のショックから回復する中で、米金融当局が 失業率を急速に低下させることができない可能性があるとの認識を明ら かにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。