債券先物は続落、円安・株高重し-追加緩和で長期金利一時0.8%割れ

債券先物相場は続落。日本銀行が追 加金融緩和を決めたことを好感して買いが増え、長期金利は一時0.8% 割れとなったが、その後は高値警戒感や円安・株高に振れたことが重し となり、売り優勢に転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。