日航:初日終値は3830円、今年最大のIPO-国際線ビジネス鍵に

日本航空は19日、経営破たんによる 上場廃止から2年7カ月で東京証券取引所1部に再上場した。同社の終 値は、公開価格比1.1%高の3830円となった。今後は出遅れていたサー ビスを刷新することで国際線のビジネス客などを取り込めるかどうかが 収益力の鍵を握る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。