米アルファ・ナチュラル、石炭減産と1200人削減計画を発表

米石炭生産2位のアルファ・ナチュ ラル・リソーシズは、2013年初めにかけ1600万トンを減産するとともに 人員を約9%削減する計画だ。石炭価格の下落が背景にある。

アルファが18日発表した文書によると、計画には鉱山や設備の操業 停止も含まれる見通し。バージニア、ウェストバージニア、ペンシルベ ニアの3州の8鉱山については18日から操業を停止する予定だ。従業員 数は現時点の1万3100人から約1200人減少する見込み。

アルファによると、減産分の約40%は同社が東部で操業するコスト の割高な発電用石炭事業が占める予定。これらの事業について「予測可 能な将来」、競争力を維持できる可能性が低いとしている。

米国では一部の発電所が燃料を天然ガスに切り替えたため、石炭の 需要が減少し価格が下落。石炭生産各社は今年に入って大規模な減産に 踏み切っている。

原題:Alpha to Cut Production, 1,200 Jobs After Coal-Price Decline (1)(抜粋)

--取材協力:Simon Casey.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE