日銀、買い入れ下限金利の撤廃で緩和策の浸透目指す

日本銀行は19日開いた金融政策決定 会合で資産買い入れ等基金における債券買い入れに適用する下限金利の 撤廃を決定、日銀の追加緩和に新たな措置が加わった。これは日銀のバ ランスシート拡大目標の達成に寄与するとみられるが、デフレ脱却目標 の達成にはなお遠い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。