日銀、買い入れ下限金利の撤廃で緩和策の浸透目指す

日本銀行は19日開いた金融政策決定 会合で資産買い入れ等基金における債券買い入れに適用する下限金利の 撤廃を決定、日銀の追加緩和に新たな措置が加わった。これは日銀のバ ランスシート拡大目標の達成に寄与するとみられるが、デフレ脱却目標 の達成にはなお遠い。

日銀は同基金とは別に、銀行券と見合いで毎月1.8兆円のペースで 行っている長期国債買い入れ(輪番オペ)についても入札下限金利を撤 廃する方針を表明した。資産買い入れ等基金における資産購入額は今 回、45兆円から55兆円に引き上げられた。

今年に入り、長期国債買い入れで応札額が予定額を下回る札割れが 発生したが、日銀の下限金利撤廃は札割れ回避につながる可能性があ る。

メリルリンチ日本証券の藤田昇悟チーフ債券ストラテジストは、日 銀は債券購入の遂行に向けて順調な道筋をつけ、資産購入を確実に完了 させる狙いがあると指摘した。

原題:Bank of Japan Enlarges Policy Toolkit as Inflation Goal Recedes(抜粋)

--取材協力:乙馬真由美、氏兼敬子、アンディ・シャープ、Paul Panckhurst.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE