米社債保証コスト上昇、欧州株安で-クレジットデリバティブ

18日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇。欧州首脳 らが債務危機の解決にてこずるとの懸念を背景に、欧州株は2週間ぶり の大幅安となった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時33分(日本時間19日午前5時33分)現在、0.3ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の85.5bp。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安で終了。4日以来の大幅な 下げとなった。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ベルギ ー中銀のクーン総裁は17日、スペイン国債利回りが上昇しつつあること で同国は支援要請を余儀なくされるだろうとの見方を示した。投資家 は、欧州金融危機の解決が遅れることで世界の企業のバランスシートが 損なわれると懸念している。

キャボット・マネー・マネジメントの債券担当マネーマネジャー、 ウィリアム・ラーキン氏は電話インタビューで、米金融当局が超低金利 を維持する中、投資家は利回りを求めていることから、「多くの無名の 企業が資本市場を利用する、通常はないようなケースが増えており」、 それがリスク拡大を招く恐れがあると指摘した。

原題:U.S. Company Credit-Default Swaps Rise as European Stocks Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE