9月18日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ下落、独景況感がマイナス-欧州債務危機を警戒

18日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが主要通貨の大半に対 して下落。ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた9月の 独景況感指数が再びマイナス圏だったことが手掛かり。

円は対ドルで下落。日本経済新聞の報道を材料に日本銀行が19日に も緩和策を発表する可能性があるとの観測につながった。

ユーロは対ドルでの4か月ぶり高値から下げた。対円でも安い。ス ペインの救済支援要請が遅れるとの懸念もユーロ売りにつながった。欧 州中央銀行(ECB)は国債購入の意思を表明している。主要6通貨に 対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は続伸。米 連邦公開市場委員会(FOMC)が決定した量的緩和第3弾が影響して いる。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニア為 替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏(ニューヨーク在勤) は、「過去2週間でECBとFOMCから相次いで緩和策が発表され市 場参加者は若干、先走った」と述べ、「欧州のリセッション(景気後 退)と米国の成長減速という根本的な見通しはそれほど変わっていな い」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.5%安の1ユ ーロ=1.3048ドル。前日は5月4日以来の高値となる1.3172ドルまで上 昇する場面もあった。ユーロは対円では0.4%下げて1ユーロ=102円84 銭。前日は5月9日以来高値の103円86銭をつけた。円は対ドルで0.1% 安の1ドル=78円82銭。

ユーロの見通し

ドルに対するユーロの相対力指数(RSI、14日間)はこの日 も72.1と、節目となる70を上回った。同指数が70を上回ると買われ過ぎ を示唆する。ユーロが対ドルで下落を続ける可能性がある。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去1か月間で3.3%上昇。10カ国通貨の中で最も大 幅な上げだった。ECBが危機に歯止めを掛けるとの楽観が背景にあ る。過去1年間では4.3%下落。

円は主要16通貨の過半数に対して下落した。19日付日経新聞(電子 版)の報道によると、日銀は18-19日の日程で行う金融政策決定会合の 議論次第で前倒しで今回緩和する可能性がある。また日経は輸出など景 気の現状判断に関する表現を弱める可能性も指摘した。日経は情報源に ついては明らかにしていない。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト21人の予想うち5人は日銀 が19日に追加緩和を発表するみている。

領土をめぐる日中関係の緊張が円買いにつながる場面もあった。経 済的な不透明感が高まると、日本が純債権国であることから、円は上昇 する傾向がある。

先物ブローカー、RJオブライアン・アンド・アソシエーツ(シカ ゴ)の世界先物・オプション部門のマネージングディレクター、ジョ ン・ブレイディ氏は「緊張がさらに高まれば、新興市場からの資金逃避 が加速する可能性がある。恐らくドルと円がほかの主要通貨に対して上 昇するだろう」と述べた。さらに「74円や73円まで円高が進めば日本に とってはかなりの痛手だ。恐らく、日銀は何らかの行動を促されるだろ うが、今日、明日の話ではない」と続けた。

ドル指数は0.2%上昇して79.183。米銀JPモルガン・チェースの テクニカルアナリスト(ニーヨーク在勤)、ナイオール・オコナー氏は 顧客向けリポートで、ドル指数が支持線だった78.40-78.60の水準を抜 け、今は調整局面にあると指摘した。同氏は同指数が今後79.65-80.15 の抵抗線をつけるまで上昇すると予想している。

ZEWが発表した9月の期待指数はマイナス18.2と、前月のマイナ ス25.5を上回った。ZEWによれば、9月のドイツ現状指数は12.6 と、2010年6月以来の低水準となった。

原題:Euro Falls on Debt-Slowed Economy; Yen Weakens as BOJ Meets(抜粋)

◎米国株:総じて下落、欧州危機に懸念-アップル終値700ドル突破

米株式相場ではS&P500種株価指数が続落した。小荷物輸送フェ デックスの下げが目立った。欧州指導者による域内の債務危機収束の取 り組みは難航するとの懸念が高まったことが背景にある。S&P500種 は先週、2007年12月以来の高水準に上昇していた。

フェデックスは3.1%安。四半期利益の減少を受けた利益見通しの 下方修正が嫌気された。航空最大手のユナイテッド・コンチネンタル・ ホールディングスは、滑走路でのフライト遅延をめぐる規制当局の調査 を受けていることを手掛かりに売られた。パソコン(PC)用プロセッ サーメーカー、アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)は大幅 安。最高財務責任者(CFO)の辞任発表を受けた売りが膨らんだ。ア ップルは終値で初の700ドルを突破した。

S&P500種は前日比0.1%下げて1459.32。ダウ工業株30種平均 は11.54ドル(0.1%)高の13564.64ドル。米証券取引所全体の騰落比率 は4対5、出来高は3カ月平均に並ぶ約60億株だった。

クリスティアナ・バンク・アンド・トラストの運用担当者、トーマ ス・ニューハイム氏は「相場は下落し米大統領選挙まで横ばいとなると 当社は予想している」とし、「欧州をめぐる懸念は依然として米市場に 重石となっている。債務危機に対応できておらず、ところどころ応急処 置をしているだけだ」と述べた。

欧州不安

ブルームバーグのデータによると、S&P500種の採用銘柄企業の 予想株価収益率(PER)は14.1倍と、2010年末以来の高倍率に迫って いる。先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で景気後押しを図る住 宅ローン担保証券(MBS)の買い入れが決定されたことを受け、S& P500種は14日に、2007年12月31日(1468.36)以来の高水準に上げてい た。同指数に弱気な見方を示唆するオプション取引の価格は約3年ぶり 低水準に下落した。

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、ベルギー中銀のクー ン総裁は17日、スペインの救済要請が望ましいと考える投資家がスペイ ン国債の利回りを押し上げ、ラホイ首相の決断を急がせる可能性がある と指摘した。

スペイン政府は18日に入札を実施し、計46億ユーロ相当の証券を発 行。発行額は目標上限を上回った。スペイン10年債利回りは17日、欧州 中央銀行(ECB)がドラギ総裁の国債購入計画を承認した翌日の7日 以降で初めて、再び6%を超えていた。

この日のS&P500種はエネルギーや金融株を中心に下落。選択的 消費関連銘柄も下げが目立った。一方、生活必需品や通信、ヘルスケア 関連株は買い進まれた。

景気敏感株に逆風

航空貨物最大手フェデックスは3.1%安の86.55ドル。同社は通期の 利益見通しを引き下げ、景気の弱まりで米国内や海外でも割安な配送手 段に切り替える動きが出ていることを理由に挙げた。

ダウ輸送株平均は1.1%低下し、2日連続で下げた。ブルームバー グ米航空株指数も2.1%低下。ユナイテッド・コンチネンタルは2.3%安 の19.27ドルで引けた。AMDは9.7%急落して3.62ドルと、S&P500 種採用銘柄で下落率が最大となった。トーマス・セイファート最高財務 責任者(CFO)が他の機会を追求するため辞任すると発表したことが 響いた。AMDは業界1位のインテルに市場シェアを奪われつつあり、 PC需要の減退にも直面している。

アップルは0.3%高の701.91ドルと、終値としては過去最高値で引 けた。時価総額は約6580億ドルに達した。同社は前日、「iPhone (アイフォーン)5」の予約が受け付け開始から1日で200万台を超え たと発表。株価は年初から73%上昇している。

原題:Most U.S. Stocks Fall as FedEx Slumps Amid Concern Over Europe(抜粋)

◎米国債:続伸、追加緩和でも成長めぐる懸念消えず-逃避需要で買い

米国債相場は続伸。連邦公開市場委員会(FOMC)による先週の 追加緩和策発表以降の下げから、半値近くの戻しとなった。刺激策を講 じても米国の景気拡大は順調にはいかないとの見方が広がった。

30年債利回りはこの2日間で8ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下。それまでは、13日のFOMC決定を受けて17bp上げ ていた。ウォール街の一部の大手債券トレーディング会社は、金融当局 は「オペレーションツイスト(ツイストオペ)」が12月に終了した後 も、米国債購入を継続する可能性が高いと指摘する。財務省のこの日の 発表によると、海外投資家による7月の米国債の買い越し額は500億ド ルと、前月の324億ドルから拡大した。

キャンター・フィッツジェラルドの金利責任者、ブライアン・エド モンズ氏(ニューヨーク在勤)は「FOMCの行動にもかかわらず、現 実を見ると、結局は経済情勢に根本的な変化は何も起きていない。その ことが米国債の底堅さを浮き彫りにしている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後4時24分現在、30年債利回りは前日比3bp低下の3.01%。前日は 一時3.12%と、5月以来の高水準を付ける場面があった。同年債(表面 利率2.75%、2042年8月償還)価格はこの日15/32上げて94 7/8。

10年債利回りは3bp下げて1.81%。7月25日には過去最低 の1.379%を付けたが、今月14日には1.89%と5月以来の高水準に上昇 した。

「容認し難いほど緩慢」

FOMCは13日の声明で、オープンエンド型の形式で政府支援機関 の住宅ローン担保証券(MBS)を毎月400億ドル購入すると発表。ま た「労働市場の見通しが大幅に改善しない場合、委員会は物価が安定し た状態で状況が改善するまで住宅ローン担保証券の購入を継続するほ か、追加の資産購入を実施し、必要に応じて他の政策手段を導入する」 と記述している。失業率は43カ月連続で8%超となっている。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁はこの日の講演で、金融当局によ る新たな刺激策は、「容認し難いほど緩慢」な成長の改善を加速させる のに不可欠だと指摘した。

総裁は講演後の質疑応答で、FOMCの政策は経済成長を「強く推 進している」とし、最終的には金利を正常な水準に戻せるようになると 加えた。

ツイストオペ

FOMCはまた、6670億ドル相当の短期債を売却し、期間が長めの 証券を同額購入する、いわゆる「オペレーション・ツイスト(ツイスト オペ)」を継続する方針をあらためて示した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)やジェフリーズ、バークレイズ は、ツイストオペの終了後、当局は米国債の購入を続けると予想してい る。

BOAメリルリンチの米金利戦略責任者、プリヤ・ミスラ氏は「経 済成長が現在に近いペースにとどまるようであれば、12月にFOMCが 経済は持続的かつ大幅に改善したと主張するのは厳しいだろう」と指 摘。「来年1月に入れば、当局は債券を売却しない形で事実上ツイスト オペを継続する見通しだ」と続けた。

ニューヨーク連銀はこの日、2018年9月から20年8月に償還を迎え る米国債46億ドル相当を購入した。

原題:Treasuries Rise Second Day as Growth Concern Spurs Haven Demand(抜粋)

◎NY金:反発、1771.20ドル-プラチナは南アのスト終結兆候で続落

ニューヨーク金先物相場は反発。プラチナは続落となった。南アフ リカで英プラチナ生産会社ロンミンの6週間にわたる労使抗争に終結の 兆しが表れたため、供給懸念が和らいだ。

ロンミンのマリカナ鉱山のストを率いた労働者団体は賃上げ提案を 受け入れ、20日に職場復帰すると表明した。この労使間の対立で少なく とも45人が死亡した。これには8月16日に警官に射殺された34人のデモ 参加者も含まれる。アングロ・アメリカン・プラチナムとアクエリア ス・プラチナムは17日、鉱山の操業再開を計画していることを明らかに した。

ペンション・パートナーズのチーフ投資ストラテジスト、マイケ ル・ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「プラチナ は需給要因を材料に動いている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比60セント高の1オンス=1771.20ドルで終了した。プラチ ナ先物10月物は2.2%安の1636.30ドル。

原題:Platinum Falls as South Africa Mine Dispute May End; Gold Gains(抜粋)

◎NY原油先物:続落、サウジ増産とフェデックス業績見通しを嫌気

ニューヨーク原油相場は続落。2週間ぶりの安値に下げた。サウ ジアラビアが価格押し下げで何らかの行動を取ると伝えられたことが 嫌気された。また小荷物輸送の米フェデックスが利益見通しを引き下 げたことで、景気減速による需要抑制への懸念が強まった。

サウジアラビアは日量約1000万バレルを生産しており、顧客の要請 があればさらに増産する構えだと、事情に詳しい湾岸諸国の当局者が明 らかにした。フェデックスは顧客が安価な配送手段に流れていると指摘 した。原油価格は前日の市場で一時、1分弱の間に3ドル急落 し、2.4%安で引けていた。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)のチーフ市場ストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「サウジが ここしばらく増産していることも、全般に景気が減速していることも知 られている」と指摘。「前日のような勢いで相場が急激に下げ、割安感 からの押し目買いも入らないとなると、状況は弱気だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日 比1.33ドル(1.38%)安の1バレル=95.29ドルで終了。8月30日以来 の安値で引けた。この2日間での下げは3.7%に拡大した。

原題:Oil Declines to Two-Week Low on Saudi Action and FedEx Outlook(抜粋)

◎欧州株:2週間ぶりの大幅安、先週までの堅調で買われ過ぎ感

18日の欧州株式相場は下落。ストックス欧州600指数は先週に1年 3カ月ぶり高値に達したものの、景気と企業業績の見通しに照らして行 き過ぎとの見方から、この日は2週間ぶり大幅安となった。

オランダの塗料メーカー、アクゾノーベルは1年で最大の値下が り。トン・ビュークナー最高経営責任者(CEO)が健康上の問題で一 時休職するとの発表が手掛かり。英保険アビバは4%安。アナリストに よる投資判断引き下げを嫌気した。フランスのプジョーシトロエングル ープ(PSA)やイタリアのフィアットを中心に自動車株も下げた。欧 州自動車工業会(ACEA)がこの日発表した8月の新車販売台数は前 年同月から減少。一方、英酒造ディアジオは2.1%の値上がり。同銘柄 の保有をモルガン・スタンレーが勧めた。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の273.80で終了。今月4日 以来で最もきつい下げとなった。6月4日に付けた年初来安値から は17%上昇。欧州中央銀行(ECB)による無制限の国債購入計画や米 連邦公開市場委員会(FOMC)の量的緩和第3弾発表などが背景。

マー・インベスト(コペンハーゲン)のイェッペ・クリスチャンセ ン最高経営責任者(CEO)は「中銀は流動性の問題を解決したもの の、南欧は競争力を欠いたままで根本的な問題が残されている」と述べ た。

ストックス欧州600指数は先週までの15週中13週で上昇。14日には 昨年6月1日以来の高値を付け、株価収益率(PER、予想収益ベー ス)が12.3倍と、2010年12月以来の高さに達していた。

この日の西欧市場では、全18カ国中15カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Fall Most in Two Weeks; Akzo Nobel, Aviva Slide(抜粋)

◎欧州債:スペイン債上昇-ECBの国債購入発表後で初の入札こなす

18日の欧州債市場でスペイン10年債相場が4営業日ぶりに上昇し た。スペインはこの日の入札で計46億ユーロの証券を発行した。欧州 中央銀行(ECB)が国債購入計画の詳細を明らかにして以来、同国に よる初めての入札となった。

スペイン10年債利回りは前日に続いて6%を突破する場面もあっ た。サエンスデサンタマリア副首相が支援条件が受け入れ可能なもので あれば支援要請を検討すると発言したことを受け、同利回りは下げに転 じた。イタリア国債は3日ぶりに上げた。

ドイツ投資家を対象にした景況感指数は9月もマイナスにとどま り、同国の10年債は堅調に推移した。ユーロ圏の暫定的な救済基金で ある欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が実施した182日物債券 入札で、落札利回りはマイナスとなった。

インベステック・バンク(ロンドン)のアナリスト、エリザベス・ アフセス氏は「入札はまずまずの結果で、スペインがもうしばらく持ち こたえることができるとの見方が強まった」と述べた上で、「ECBか ら時間的猶予を与えられたことが示され、それがこの日の圧迫感を少し 和らげた。しかしそれでもスペインはいつか、救済を必要とするだろ う」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前日比8ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.90%。一時は

6.06%と、7日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率5.85%、 2022年1月償還)価格はこの日、0.545上げ99.635。イタリア10年 債利回りは5bp下げて5.05%。

ドイツ10年債利回りは前日比3bp低下の1.64%。前日には

1.734%と、4月26日以来の高水準に達した。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた向こう6カ月 の見通しを示す期待指数は9月にマイナス18.2と、前月のマイナス

25.5を上回った。現状指数は12.6と、2010年6月以来の低水準とな った。前月は18.2だった。

原題:Spanish Bonds Gain After Nation’s First Auction Since ECB Plan(抜粋)

◎英国債:10年債続伸-スペイン情勢とインフレ鈍化で

18日の英国債相場は続伸。スペインが金融不安の収束に必要な金融 支援の要請を遅らせるとの観測が広がった。

英10年債利回りは前日付けた5月以来の高水準から低下した。8 月のインフレ率が鈍化したことも、債券の魅力を増す要因となった。

モルガン・スタンレーの債券ストラテジスト、アンソニー・オブラ イエン氏(ロンドン在勤)は「欧州と英国の経済は引き続き多くの向か い風に直面している。2%前後の英国債とドイツ国債の利回りはともに 悪くない投資と評価されるだろう」と述べた。支援に向けた「プログラ ムは整っているが、スペインが要請した際にのみ稼動する。この行き詰 まりのような状態を打開する必要がある」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、英10年債利回りは前日比5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.88%。前日は1.99%ま で上げ、5月10日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率1.75%、 2022年9月償還)価格はこの日、0.43上げ98.845となった。

スペインのサエンスデサンタマリア副首相はテレシンコとのインタ ビューで、受け入れ可能な条件であれば支援要請を検討すると発言し た。

英政府統計局(ONS)によると、8月の英消費者物価指数は前年 同月比2.5%上昇と、伸び率は前月の2.6%を下回った。

原題:Gilts Advance as Spanish Aid Delay Concern Boosts Safety Demand(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE