9月18日の欧州マーケットサマリー:株が大幅安、高値警戒感

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3043   1.3117
ドル/円             78.62    78.71
ユーロ/円          102.54   103.24


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  273.80     -1.21     -.4%
英FT100     5,868.16   -25.36     -.4%
独DAX      7,347.69   -56.00     -.8%
仏CAC40    3,512.69   -41.00    -1.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .08%        -.01
独国債10年物     1.64%       -.04
英国債10年物     1.88%       -.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,769.50     -.50     -.03%
原油 北海ブレント        113.11      -.68     -.60%

◎欧州株式市場

18日の欧州株式相場は下落。ストックス欧州600指数は先週に1年 3カ月ぶり高値に達したものの、景気と企業業績の見通しに照らして行 き過ぎとの見方から、この日は2週間ぶり大幅安となった。

オランダの塗料メーカー、アクゾノーベルは1年で最大の値下が り。トン・ビュークナー最高経営責任者(CEO)が健康上の問題で一 時休職するとの発表が手掛かり。英保険アビバは4%安。アナリストに よる投資判断引き下げを嫌気した。フランスのプジョーシトロエングル ープ(PSA)やイタリアのフィアットを中心に自動車株も下げた。欧 州自動車工業会(ACEA)がこの日発表した8月の新車販売台数は前 年同月から減少。一方、英酒造ディアジオは2.1%の値上がり。同銘柄 の保有をモルガン・スタンレーが勧めた。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の273.80で終了。今月4日 以来で最もきつい下げとなった。6月4日に付けた年初来安値から は17%上昇。欧州中央銀行(ECB)による無制限の国債購入計画や米 連邦公開市場委員会(FOMC)の量的緩和第3弾発表などが背景。

マー・インベスト(コペンハーゲン)のイェッペ・クリスチャンセ ン最高経営責任者(CEO)は「中銀は流動性の問題を解決したもの の、南欧は競争力を欠いたままで根本的な問題が残されている」と述べ た。

ストックス欧州600指数は先週までの15週中13週で上昇。14日には 昨年6月1日以来の高値を付け、株価収益率(PER、予想収益ベー ス)が12.3倍と、2010年12月以来の高さに達していた。

この日の西欧市場では、全18カ国中15カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Fall Most in Two Weeks; Akzo Nobel, Aviva Slide(抜粋)

◎欧州債券市場

18日の欧州債市場でスペイン10年債相場が4営業日ぶりに上昇し た。スペインはこの日の入札で計46億ユーロの証券を発行した。欧州 中央銀行(ECB)が国債購入計画の詳細を明らかにして以来、同国に よる初めての入札となった。

スペイン10年債利回りは前日に続いて6%を突破する場面もあっ た。サエンスデサンタマリア副首相が支援条件が受け入れ可能なもので あれば支援要請を検討すると発言したことを受け、同利回りは下げに転 じた。イタリア国債は3日ぶりに上げた。

ドイツ投資家を対象にした景況感指数は9月もマイナスにとどま り、同国の10年債は堅調に推移した。ユーロ圏の暫定的な救済基金で ある欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が実施した182日物債券 入札で、落札利回りはマイナスとなった。

インベステック・バンク(ロンドン)のアナリスト、エリザベス・ アフセス氏は「入札はまずまずの結果で、スペインがもうしばらく持ち こたえることができるとの見方が強まった」と述べた上で、「ECBか ら時間的猶予を与えられたことが示され、それがこの日の圧迫感を少し 和らげた。しかしそれでもスペインはいつか、救済を必要とするだろ う」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前日比8ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.90%。一時は

6.06%と、7日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率5.85%、 2022年1月償還)価格はこの日、0.545上げ99.635。イタリア10年 債利回りは5bp下げて5.05%。

ドイツ10年債利回りは前日比3bp低下の1.64%。前日には

1.734%と、4月26日以来の高水準に達した。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた向こう6カ月 の見通しを示す期待指数は9月にマイナス18.2と、前月のマイナス

25.5を上回った。現状指数は12.6と、2010年6月以来の低水準とな った。前月は18.2だった。

原題:Spanish Bonds Gain After Nation’s First Auction Since ECB Plan(抜粋)

◎英国債市場

18日の英国債相場は続伸。スペインが金融不安の収束に必要な金融 支援の要請を遅らせるとの観測が広がった。

英10年債利回りは前日付けた5月以来の高水準から低下した。8 月のインフレ率が鈍化したことも、債券の魅力を増す要因となった。

モルガン・スタンレーの債券ストラテジスト、アンソニー・オブラ イエン氏(ロンドン在勤)は「欧州と英国の経済は引き続き多くの向か い風に直面している。2%前後の英国債とドイツ国債の利回りはともに 悪くない投資と評価されるだろう」と述べた。支援に向けた「プログラ ムは整っているが、スペインが要請した際にのみ稼動する。この行き詰 まりのような状態を打開する必要がある」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、英10年債利回りは前日比5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.88%。前日は1.99%ま で上げ、5月10日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率1.75%、 2022年9月償還)価格はこの日、0.43上げ98.845となった。

スペインのサエンスデサンタマリア副首相はテレシンコとのインタ ビューで、受け入れ可能な条件であれば支援要請を検討すると発言し た。

英政府統計局(ONS)によると、8月の英消費者物価指数は前年 同月比2.5%上昇と、伸び率は前月の2.6%を下回った。

原題:Gilts Advance as Spanish Aid Delay Concern Boosts Safety Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE