米NAHB住宅市場指数:9月は40に上昇、6年ぶりの水準

米住宅建設業者の景況感を示す住宅 市場指数は9月に40と前月の37から上昇、約6年ぶりの水準に戻った。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は38だ った。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが作成 する同指数は50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみて いることを示す。同指数は2006年5月に50を下回ったあと、6年以上に わたり水面下にとどまってきた。

NAHBのバリー・ルテンバーグ会長はこの日の発表資料で、「住 宅市場はプラスの方向へ向かっているが、回復の道のりは長く、幾つか の障害が回復の進行を鈍化させている」と指摘。「多くの建設業者にと って、厳しい融資条件は、求められる雇用創出につながる現場作業員の 雇い戻しの妨げとなり、消費者の新築住宅購入の手控えにつながってい る可能性もある」と述べた。

一戸建ての現況指数は42と、前月の38から上昇。購買見込み客足指 数は31(前月30)にとどまった。向こう6カ月の販売見通し指数は51 と、前月の43から上昇した。同指数が50を超えたのは2007年2月以来初 めて。

全米4地域の全てで指数は改善した。特に中西部と西部はともに45 となった。

い。

原題:Confidence Among U.S. Homebuilders Improves to Six-Year High(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE