米ダラス連銀総裁:QE3に反論、議決権あれば反対票投じた

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は18日、前週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で決定した量的緩和 第3弾(QE3)について反対を唱えてきたとし、議決権を持っていれ ば反対票を投じたであろうと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。