中国の銀行:8月は外貨出超が拡大-資本流出の加速示唆

中国人民銀行(中央銀行)と金融機 関は8月に外貨出超が増え、中国経済の成長鈍化で資本流出が加速した ことを示唆した。

人民銀が18日公表したデータによれば、外貨購入に伴い積み上がっ た金融機関における人民元の持ち高は8月末時点で25兆6400億元 (約319兆円)と、7月末の25兆6580億元から174億元減った。7月は38 億2000万元の外貨出超だった。

成長率低下が続くことを示す兆候の中で、海外からの7月の対中直 接投資は2年ぶりの低水準を記録。ただ、未来資産証券(香港)の大中 華圏担当チーフエコノミスト、ジョイ・ヤン氏は、米連邦公開市場委員 会(FOMC)がいわゆる量的緩和第3弾(QE3)を先週決めたこと で、人民元建て資産に対する投資意欲が高まる可能性があると指摘し た。

国際通貨基金(IMF)のエコノミストを務めた経歴を持つ同氏 は、「中国が影響を中和する金融手段を持つ限り、中国にとって資本流 出のリスクは緩やかだ」と説明、流出は「中国の3兆ドル(約236兆 円)の外貨準備高と比べれば極めて小さい」と述べた。

原題:Chinese Banks’ Net Currency Sales Accelerate in Outflow Signal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE