人民元:対ドルで続落、欧州危機を懸念-中心レート引き下げ

中国人民元は18日、ドルに対して続 落。欧州債務危機が中国経済の成長を鈍らせているとの懸念が根強く残 る中、中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを引き下げた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で0.03%安の1ドル=6.3189元で終了。人民銀は中心レート を0.09%元安方向の6.3353元に設定した。中心レートの引き下げは5営 業日ぶり。香港のオフショア市場では、元は0.05%安の6.3275元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元の1年物ノンデ リバラブル・フォワード(NDF)は0.14%安の6.4168元。1営業日の 下落率としては先月16日以来の大きさ。

原題:Yuan Falls a Second Day as Spain Adds to Europe’s Debt Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE