スペイン:救済要請に傾斜か、副首相示唆-不良債権も決断迫る

スペインのサエンスデサンタマリア 副首相は18日、支援条件が同国にとって受け入れ可能なものであれば、 支援要請を検討すると発言、政府が救済要請に傾いていることを示唆し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。