スペイン:救済要請に傾斜か、副首相示唆-不良債権も決断迫る

スペインのサエンスデサンタマリア 副首相は18日、支援条件が同国にとって受け入れ可能なものであれば、 支援要請を検討すると発言、政府が救済要請に傾いていることを示唆し た。

スペイン銀行(中央銀行)のこの日の発表によれば、スペインの銀 行の不良債権比率は7月に9.86%と過去最悪の水準に達した。融資は前 年同月に比べ4.53%減少と、状況悪化が政府に決断を迫っている。

サエンスデサンタマリア副首相はテレシンコとのインタビューで、 「スペイン国民に耐え難い犠牲を強いることなく国債利回りを押し下げ ることができるのであれば、そのような道について分析しなければなら ない」と語った。新たな犠牲を払うことなく改革を進めることで借り入 れコストを下げることが可能ならば、救済は選択肢となるだろうと付け 加えた。

ラホイ首相は欧州中央銀行(ECB)が国債購入の仕組みを説明し て以来、それが国益となると判断すれば支援を要請すると言明してき た。この日の副首相の発言は政府がその決断に近づいていることを示唆 した。スペイン政府は月末に向けて改革パッケージの準備を進めてお り、ラホイ首相はこれによって欧州からの追加要求を回避できる可能性 もある。

マドリードの調査機関、オルテガマラノン財団の政治学者、イスマ エル・クレスポ氏は、サエンスデサンタマリア副首相は救済要請が「ス ペインにとって有利であり、新たな犠牲を意味しないという結論に向け た議論を準備している」と指摘。「政府はもう少し時間を稼いで欧州連 合(EU)が求めるであろう改革を実施しておく必要がある。そうすれ ば国民に対し、新たな譲歩をしたわけではないと言える」と解説した。

10月には290億ユーロ相当の債務が償還期限を迎える。同月の2つ の地方選挙は、救済をめぐるラホイ首相の判断材料になりそうだ。

ただ、ECB政策委員会メンバー、ベルギー中銀のクーン総裁は17 日、スペインの救済要請が望ましいと考える投資家がスペイン国債の利 回りを押し上げ、ラホイ首相の決断を急がせる可能性があると指摘し た。

スペイン10年債利回りは17日、ドラギECB総裁が国債購入計画を 明らかにした翌日の7日以来で初めて6%を超えた。

サエンスデサンタマリア副首相は「このような金利を払い続けるの は、金を窓から外に捨てているようなものだ」と述べた。

原題:Spain Floats Bailout Prospect as Pressure for Rescue Builds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE