鉄鉱石運搬船の収益、回復か-中国の投資計画で輸入拡大観測

鉄鉱石運搬船の収益が今年に入って 初めて運営コストを上回る見込みだ。1兆元(約12兆4400億円)規模の 建設プログラムが打ち出され中国の鉄鋼各社による輸入が加速するとの 観測から、運搬レートは上昇している。

ブルームバーグがアナリスト8人を対象に実施した調査の中央値で は、ケープサイズ船(積載量約16万トン)の10-12月(第4四半期)の 1日当たりの収益は1万2500ドルと予想されている。バルチック取引所 によると、6月末以降の平均は4459ドルだった。海上運賃先物契約( FFA)では8385ドルと見込まれているため、FFA取引が利益につな がる可能性がある。海運業界コンサルタント会社ムーア・スティーブン スのロンドン部門の推計によれば、船主企業は人件費や補修費など諸経 費を賄うために7437ドルの収益を得る必要がある。

中国政府と上海鋼之家信息のデータによれば、中国の8月の鉄鉱石 輸入は過去3カ月で最大となり、港湾の在庫は3月以降で初めて減少し た。

原題:Iron-Ore Ships Rebounding as China Spends $158 Billion: Freight(抜粋)

--取材協力:Rita Nazareth.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE