台湾の漁業関係者、漁船60隻で尖閣に向かう計画-RTHK

台湾の漁業関係者グループは22日、 領有権を主張するため漁船約60隻で釣魚島(尖閣諸島)に向かう計画 だ。香港の放送局RTHKが台湾・宜蘭県の政治家1人の話を引用して 伝えた。同政治家が今回の計画を組織しており、氏名は明らかにされて いない。各漁船には5-6人が乗り込み、宜蘭県から出航するという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。