操業ストップ相次ぐ日本企業、中国で敵対感情激化-先行き不透明

尖閣諸島の国有化に端を発した中 国の反日行動のエスカレートで日本企業が打撃を受けている。自動車、 電機などの工場の一時操業停止が相次ぎ、先行きに不透明感も出始め ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。