対日アルミ割増金:過去最高水準で合意-10~12月

日本の商社などアルミニウム地金の 輸入業者は、海外のアルミ生産者に対し、10-12月(第4四半期)に過 去最高水準のプレミアム(割増金)を支払うことで合意した。過去最高 水準での合意は2四半期連続。生産者が減産を進めていることに加え、 欧米諸国では供給が制限されプレミアムが高騰している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。