【テクニカル分析】豪ドルは対米ドル2月来高値も-半値戻し維持が鍵

オーストラリア・ニュージーランド 銀行(ANZ)の世界市場調査責任者、ティモシー・リデル氏(シンガ ポール在勤)によると、テクニカル分析の観点から、オーストラリア・ ドルは今後数週間で米ドルに対して今年2月以来の水準へ上昇する可能 性がある。

リデル氏は、9月初旬から中旬にかけての豪ドルの上昇は「重要な 反発の動きで、現在1豪ドル=1.0640米ドルから1.0650米ドル付近を通 っている下向きの抵抗線を突破して1.0850米ドルへ上昇する可能性が出 ている」と分析。「9月入り以降、日々の指標は好転しており、豪ドル は今、50日、100日、200日の移動平均線全てを上回っている」と指摘す る。

豪ドルは今月5日に付けた安値1.0167米ドルを底に反発し、先週末 には約半年ぶり高値となる1.0625米ドルまで上昇。その後上げ幅を縮小 し、18日のアジア市場では一時1.0437米ドルまで値を下げている。

リデル氏は、豪ドルが1.0850米ドルを目指すには、9月の上昇局面 の半値戻しにあたる「1.0395米ドルより上の水準を維持することが重 要」と指摘する。豪ドルが1.0850米ドルまで上昇すると、2月29日に付 けた今年のピーク、1.0856米ドルにほぼ並ぶことになる。

豪ドルは今月に入り約1.4%上昇。18日午後1時20分現在は1.0466 米ドル前後で推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE