トロイカ体制、ユーロ圏めぐる決定遅らせる一因に-IMF

国際通貨基金(IMF)、欧州委員 会、欧州中央銀行(ECB)で構成するいわゆるトロイカのユーロ圏の 救済をめぐる協力体制は、意思決定をしばしば遅らせ、場合によっては 検討されるべき措置が検討されない原因となった。IMFのスタッフに よる報告書が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。