日中緊迫は日本株重し、観光影響や軍事行動を警戒-岡三証の塩川氏

岡三証券投資戦略部長の塩川克史 氏は18日、ブルームバーグ・ニュースの取材に対し、日中間の政治緊 迫が日本株相場の重しとなり、経済面では今後観光などに悪影響が及 ぶとの認識を示した。また、中国軍事同局の動きも警戒が必要と言う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。