ヘッジファンドの商品買い越し、1年4カ月ぶり高水準

ヘッジファンドによる商品の買い越 しが1年4カ月ぶりの高水準に増加した。その後、米連邦準備制度理事 会(FRB)が追加金融緩和策を発表したことで、商品相場は7週連続 の上昇となり、HSBCホールディングスやシティグループは一段の上 昇を予想している。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、資産運用会 社による米国の商品18銘柄の先物とオプションの買い越しは11日終了週 に0.3%増加し133万枚と、2011年5月以来の高水準に達した。銅の買い 越しは25倍の1万7509枚と、過去最高の増加率を記録した。金は2月28 日以来の高水準に増え、銀は7週連続で増加した。

FRBが13日に追加金融緩和策第3弾(QE3)を発表したのを受 けて世界の株式時価総額は1兆4000億ドル以上増えた。米5年物インフ レ連動債(TIPS)のブレークイーブン・レートによるインフレ期待 は11年5月以来の高水準となった。HSBCは12日、原材料への資金配 分を増やすよう顧客に推奨した。中国と欧州も景気刺激策を既に発表し ている。

ファースト・アセット・インベストメント・マネジメントで約27億 カナダ・ドル相当の資産運用を手掛けるジョン・スティーブンソン氏は 「インフレ的な政策が続いているため、商品を保有する動きが強まりそ うだ。中央銀行が歩調を合わせているようで、短期的には大きく強気に なれそうだ」と述べた。

原題:Bullish Wagers at 16-Month High as Citi Sees Gains: Commodities(抜粋)

--取材協力:Millie Munshi.

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE