米テスラ株:4カ月ぶり大幅高、投資判断の引き上げで

17日の米株式市場で、電気自動車 (EV)メーカーの米テスラ・モーターズの株価が4カ月ぶり大幅高と なった。セダン型EV「モデルS」の生産は加速に時間が掛かり過ぎて いるとの懸念は「大げさだ」として、モルガン・スタンレーが投資判断 を「アンダーウエート」から「オーバーウエート」に引き上げたことが 好感された。

テスラ株の終値は前週末比7.1%高の32.54ドルと、5月10日以来の 大幅高。年初来騰落率はプラス14%。

モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏はリポー トで、「テスラは台数より完成度を優先しており、当社では投資家に生 産の遅れを考慮するよう求めている」と述べた。同氏はモデルSの出荷 台数が7-9月(第3四半期)は230台、10-12月(第4四半期)が2000 台、2013年には1万5000台になると予測している。

原題:Tesla Rises as Morgan Stanley Boosts Rating: San Francisco Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE