TOPIX4日続伸、資源や電力高い-反日デモ警戒し中国関連売り

東京株式相場は、TOPIXが4 日続伸。米国の量的金融緩和策による流動性供給、商品市況の上昇期 待を背景に鉱業や石油など資源関連株が買われた。為替の円安を受け 電機など輸出関連株の一角、原子力発電所の建設工事継続の容認観測 でJ-POWER(電源開発)が急騰するなど、電力株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。